江戸切子の技でガラス瓶をバングルに!身に着ける新たなSDGs

硝子加工専門のGLASS-LABは、design shop YU・藤田優惟子のデザインしたSDGs時代の新たな江戸切子、空き瓶を利用したバングル「GLASS-LAB NEW PRODUCT “WA”」を7月1日からECサイトにて発売。

 

 ■スパークリングワインの空き瓶を使用したSDGs時代の新たなプロダクト

「GLASS-LAB NEW PRODUCT “WA”」は東京都主催、東京手仕事の普及促進支援対象商品に決定した。 

■GLASS-LABの特徴的な技術、「平切子」と「サンドブラスト」技術を使用

1950年創業、椎名硝子加工所の流れを汲む硝子加工業。

兄弟の祖父、椎名三男は江戸切子を始めあらゆる硝子加工に精通。父であり二代目である椎名康夫は日本でも10人程度しかいない「平切子」の職人。そして職人として三代目である椎名康之は「サンドブラスト」を得意としており、技術を磨いた結果0.09mmという極細の線までであれば確実に描く事ができる。

しかしながら、平切子は主に硝子工房さんからの依頼、サンドブラストは主に徽章屋(トロフィなど)さんからの依頼を受けており、素晴らしい技術を持つものの一般の方の目に触れることはなかった。

そこでGLASS-LABは、二つの技術を組み合わせ「砂切子」というネーミングで商品企画・プロデュース・販売を行っており、江戸切子の新たな可能性を探求している。 

商品名:GLASS-LAB NEW PRODUCT “WA”
サイズ(直径×高さ):約7cm×約2.8cm
カラー:
サスティナブルクリア
サスティナブルブラック
サスティナブルホワイト
サスティナブルグリーン
素材:ソーダ硝子
価格:各色18,370円(税込) 
販売サイト:https://glasslab.official.ec/

 

※本作品の耐久性は消費科学研究所にて実施され、破断荷重測定にて267N、衝撃強さ異常なしという結果を受けている。

 

GLASS-LAB株式会社 プレスリリースより引用。