繊維産業の街八王子で100年以上、ニット製品を作る職人「下田メリヤス」

大正5年、八王子にて創業の有限会社下田メリヤス。 古くから養蚕と織物が盛んであり、「桑の都」と呼ばれていた八王子で100年以上の歴史がある繊維創造工場。

明治時代には八王子の織物産業の技術力や品質の向上を目的として八王子織物染色講習所や八王子織物同業組合を立ち上げるなど街全体における産業の盛り上がりを見せました。

時代の変化とともに大正時代末には着物から洋服へと段々シフトしていき、それに合わせてネクタイなど新しい分野の産地ともなりました。
その中でも100年以上続く下田メリヤスは時代の変化とともにこの町で織物を人々に提供し、時代と共に変化成長し続けています。

下田メリヤスも創業当初は呉服を主体として生産しておりましたが、洋服が主流となっていくと共に技術者の減少など時代の変化により、ニット製品主にニットタイやニット小物を多く手掛けるようになりました。 ニット生産の中でも上記に述べたように八王子はネクタイの産地でもあります。

下田メリヤスはニット生産の中でも特にネクタイに力を注力しており、シルク、綿、麻、ウールなど自然素材で編上げたオールオケージョン・タイを提供しております。フォーマルからカジュアルユースでも着こなせるアイテムです。その他にも寒い時期に欠かせないニット帽やマフラーなども作っています。

時代の変化と共に日本のファッション業界へ高品質なアイテムを現在まで提供し続ける100年の歴史は、築き上げたノウハウと技術力の証でもあります。現3代目代表の下田社長をはじめ、熟練された技術を持つ職人皆さんが良いものを提供し続けたいという気持ちが下田メリヤスの歴史、これからの未来を作っています。

 

今後日本の生産について

昨今の日本の生産業の将来性は正直厳しいと率直な意見をぶつけてくれた下田代表。その中でも若い技術者が育たない環境など「夢が無い」仕事と感じる若い世代が多いとの事。

実際に中国やベトナムなどでの安価大量生産により人件費のデフレや、蓄えた技術をもとに独立しようもすぐに開業はリスクも伴う。なぜなら工場を開業するにも機材の用意や多大な資金が必要である。

このような環境の中ではあるが、下田代表はモノづくりを通じ若い世代にも夢を与えられる様日々新しい取り組みにはアンテナを張っている。先ずは生産の背景から知る必要がある、どの様に物が造られていくのか、物作りの楽しさから伝えていきたいと述べました。

新型コロナウィルスによる様々なビジネスの業態への変化が求められる中で、アパレル産業における煽りは大きい。自粛が求められる中で各企業もリモートを推奨などでファッションを楽しむ機会が減っていく状況下、今後下田メリヤスは永年ニット製品で培った技術と知識でまた違う分野の製品試作も視野に入れているので今後とも目が離せません。